美容医療レーザーについて

あや内科クリニックの美容医療レーザーの特徴

医療レーザー

1厚生労働省承認機種excel HRを使用

当クリニックではレーザー脱毛用として厚生労働省の承認を得たexcel HRを導入して、日本人の肌に適した医療レーザーを使用しています。
excel HRは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2つのレーザーを1台に搭載しています。
それぞれ特徴が異なっており、1台で2つのレーザーを使い分けて肌質や毛質に合わせた幅広い医療レーザーが可能です。

2アレキサンドライトレーザーでの施術

アレキサンドライトレーザーはシミやあざの治療によく使われており、メラニン色素に対して他のレーザーよりも反応に優れているのが特徴です。

3ヤグレーザーでの施術

ヤグレーザーの光はお肌に優しく、他のレーザーより深く真皮の奥まで届きます。
デリケートなお肌や色黒、日に焼けたお肌でもレーザー照射が可能で、男性のひげにもよく効きます。
また、真皮を活性化する効果もあるためレーザー脱毛されると同時にお肌がすべすべになって肌質も改善します。

4安全で的確な高いクーリング技術

レーザー治療では副作用としてやけどのような皮膚反応を起こさせないようにクーリングすることが大切です。
皮膚の表面のクーリング方法は、ガスのものでは照射位置がずれると凍傷など皮膚障害の報告もあります。
当クリニックのexcel HRはコンタクトクーリングにより優れたクーリング技術が搭載されており、皮膚トラブルを通常より軽減できます。
クーリングの強さも段階的に選べる機能があり、目的に合わせて的確なクーリングが可能です。

医療レーザー脱毛

あや内科クリニックの医療レーザー脱毛の5つの特徴

  • 1痛みが少ない 優れた冷却機能を採用し、照射前後の痛みをできるだけ軽減します。
    ご希望の方には麻酔クリーム後の施術も可能です。
  • 2厚生労働省の認可機種
  • 3毎回きちんと医師の診察が受けられて安心
  • 4幅広い毛質や肌質の脱毛に対応 2種類のレーザーを切り替えて照射可能なため、幅広い毛質や肌質に対応することができます。
    ワキなどの剛毛から、顔や背中などの産毛、日焼け肌や色黒肌へも施術可能となります。
    小さな範囲に細かく照射できるため顔脱毛にも対応できます。
  • 5照射時間が短い 照射のスポットサイズを広く調整できるため、スピーディーな施術が可能になりました。

医療レーザー脱毛について

カミソリや毛抜きなどで自己処理をくり返すことで、肌荒れ、色素沈着、炎症、鳥肌などの皮膚トラブルの原因となる場合があります。
医療レーザー脱毛はお肌を傷めることなく安全に、痛みをできる限り抑えつつ、短時間で、半永久的な脱毛が可能です。
医療レーザー脱毛は医療機関でしか扱うことができません。資格のある医師・看護師のみが施術を行います。
安全性に配慮した高出力のレーザーになりますので、安全で効果の高いレーザー脱毛が可能です。

脱毛の適応部位

脱毛部位
  • 当クリニックではVIOの脱毛は行っておりません。

ご相談ください

  • ムダ毛が気になる
  • 顔の産毛が気になる
  • これまで日焼け肌や色黒肌で脱毛できなかった
  • 痛い脱毛は嫌
  • 濃いヒゲが気になる

など

症例写真

施術例1

脱毛の施術例1

施術例2

脱毛の施術例2

施術の流れ

予約
お電話にてご予約してください。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。
カウンセリング
医療レーザー脱毛を行う前に、レーザー治療の効果・効能・注意事項などを医師よりご説明いたします。
患者様のご希望の脱毛部位や状態を確認させていただき、ご相談させていただきながら患者様にあった的確な脱毛計画を策定いたします。
治療について些細なことでもご遠慮なくご相談ください。
治療費についてもご説明いたします。
施術
施術はすべて看護師が行い、できるだけ痛みを抑えつつ安全第一に施術いたしますのでご安心ください。
各部位にあった的確なレーザー照射を行います。
痛みが我慢できない場合は、麻酔クリーム後、施術することもできます。
終了
施術終了後、施術部位のアフターケアについてご説明いたします。

副作用について

治療直後は、軽い赤みやひりひりした感じが残ることがあります。一過性ではありますが、症状が改善されないようでしたらご連絡ください。
まれに水ぶくれなどのやけど症状がでることや、数日中にかゆみがでることがあります。
そのような症状が出る場合には必ず医師にご相談ください。

ジェネシス

ジェネシスのイメージ画像

ジェネシスはこんな方におすすめです

  • 赤ら顔やニキビ跡の赤みで悩んでいる
  • お肌のハリやツヤがなくなってきた
  • 毛穴の開き・たるみが気になる
  • 肌のざらつき・化粧のりが悪い
  • 目の下のくまが気になる
  • 痛みに弱い

ジェネシスについて

ジェネシスはCUTERA社のCoolGlideを使用したロングパルスNd:YAGレーザー(波長:1064nm)です。
肌質そのものを改善する新世代のレーザーシステムで、FDA承認を得た安心かつ安全な医療レーザー治療です。

顔全体にシャワーのようにヤグレーザーを照射し、真皮へ熱刺激を与えることで、コラーゲン再生や微細血管の加熱による赤ら顔の改善、開いた毛穴の引き締め、たるみ毛穴の改善、目の下のくまの改善、肌のくすみの改善、肌質の改善など、1つの治療で多くの効果を期待できるレーザーです。

ジェネシスの効果

真皮レベルでみずみずしくハリのあるぷるぷるのお肌に、真皮を強くし、シワ、シミ、ハリ、タルミを改善し、またできにくくします。
また真皮だけでなく皮膚の表面にも作用します。
古い角質を取り除き、皮膚の再生を促進することで、目の下のクマの改善・肌のくすみの改善・肌質の改善に効果があります。
その他、お顔の産毛も綺麗に処理できます。
わからないことは些細なことでも丁寧にお答えしますので、ご遠慮なくご相談ください。

よくある質問

痛みはありますか?
ほとんど痛くありません。照射するレーザーは40~42℃の熱ですので、リラックスした状態で施術を受けていただけます。
施術時間はどのくらいになりますか?
照射時間は10~20分程度です。施術時間が短いのもジェネシスのメリットといえます。
施術後すぐに普通の生活ができますか?
ダウンタイムはありません。施術後普段通りの生活をしていただけます。
施術直後は少し赤みがありますが、当日お化粧しての帰宅も可能です。
日焼け止めなど紫外線対策をとるようにしてください。
どのくらい通えば効果がありますか?
患者様のご希望、お肌の状態にもよりますが、2週間に1回を4~6回程度、繰り返すと効果的です。
その後は3か月に1回程度のメンテナンスすることをおすすめしております。
ジェネシスはダウンタイムのない施術のため、継続して受けていただきやすく、緩やかなエイジングケアを確実に行いたいという方に向いている治療です。
※カウンセリングを個別にしっかり行い、治療をしていきますのでご相談ください。
副作用はありますか?
施術直後は少し赤みがでることがありますが、1日程度でおさまります。
ジェネシスは米国FDAの認可を受けた安全性の高いレーザーであり、臨床上問題となる大きな副作用はほとんど認めません。

施術の流れ

予約
お電話にてご予約してください。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。
カウンセリング
ジェネシスでの治療の効果・効能・注意事項などを医師よりご説明いたします。
患者様のお悩みやお肌の状態を確認させていただき、ご相談させていただきながら患者様にあった的確な治療をご提案いたします。
治療について些細なことでもご遠慮なくご相談ください。治療費についてもご説明いたします。
施術
施術はすべてトレーニングを受けた看護師が行い、安全第一に施術いたしますのでご安心ください。
レーザーを使用するため、施術中はゴーグルを装着します。
終了
施術終了後、注意事項などを説明させて頂きます。
施術後のお化粧も可能で、普段通りの生活を過ごしていただけます。

ベビーピール

ピーリングのイメージ画像

ベビーピールは、ピーリング効果の高い「サリチル酸マクロゴール」+美白成分「コウジ酸」を組み合わせたピーリング治療の一種です。
「サリチル酸マクロゴール」は、ほとんど角質層以外の細胞を傷つけることがないので、お肌のつっぱりが少なく、ヒリヒリとした痛みや赤みが最小限に抑えられます。
「コウジ酸」はメラニン抑制作用があるため、シミ、くすみの改善、美白、透明感を出すことができます。
ベビーピールは、日頃のスキンケアだけでは取り除くことができずに溜まってしまった古い角質を取り除き、新陳代謝を促進させ、お肌本来の自然な美しさを取り戻すことができます。
敏感肌の方で、過去にケミカルピーリングで肌トラブルが発生した方も、是非ご相談ください。

以下、お悩みの方にお勧めです

  • くすみを解消したい
  • 美白、透明感を手に入れたい
  • 肝斑が気になる
  • 乾燥肌が気になってきた
  • 肌のキメを整えたい
  • 毛穴の開きを改善したい
  • ニキビ・ニキビ跡を改善したい
  • 色素沈着を治したい

ベビーピールの副作用・リスク

副作用は殆どありませんが、敏感肌の方などはまれに赤みやヒリヒリ感が生じる場合がございます。

施術後の注意点

メイクをしてお帰りいただけますが、治療直後のお肌は敏感になっているので紫外線対策をしっかり行ってください。
また、治療後は角質が薄くなり肌が敏感になっていますので、マッサージなどの刺激も避けていただき、保湿はしっかり行うようにしてください。

美容点滴・プラセンタ注射

にんにく注射

にんにく注射のイメージ画像

にんにく注射とは、にんにくにも含まれるアリナミン(ビタミンB1)という成分が多く含まれているため、こう呼ばれています。
効果としては、肩こりや腰痛の改善、疲労回復などが挙げられ、風邪や夏バテなど体力が落ちているときの回復も期待できます。

こうした効果が得られるのは、にんにく注射がエネルギー代謝を活性化させ、神経や筋肉の働きを改善することによります。
比較的すぐに効果を実感できますので、最近仕事が忙しく、疲れが取れにくい、筋肉の痛みや疲れが残っている、という場合に検討されることをお勧めします。

にんにく注射の頻度には個人差がありますが、1~2週間に1度が効果を持続できる目安とされています。
ビタミンB群は水溶性のため、取り過ぎても尿から排出され、副作用もほとんどありません。
ただし、どんな薬剤にも副作用のリスクはゼロではなく、まれにアレルギー反応や頭痛、下痢などの症状が現れることがあります。
また、注射ですので、注射部位が一時的に赤くなったり硬くなったりすることもあります。
なにか異常を感じましたら、速やかにご相談ください。

高濃度ビタミンC点滴

※4月中旬開始予定です。

  • 高濃度ビタミンC点滴(25g)1回:13,200円
  • 高濃度ビタミンC点滴(25g)3回セット:29,700円

ビタミンCは人に欠かせない成分のひとつですが、自分自身の体内で作ることはできません。
基本的には食事やサプリメントで補うのですが、口からの摂取では多くが尿として排出されてしまいます。
しかし点滴で直接血管に投与すると、経口摂取と比較し、10~50倍のビタミンCを血液中に取り込めるとされています。

高濃度のビタミンC点滴により、以下のような効果が期待されます。

  • コラーゲンの生成促進(肌のハリや弾力の維持)
  • メラニンの生成の抑制(肌の美白作用)
  • 抗酸化作用(老化や生活習慣病、ニキビ等の予防)
  • 疲労回復(ストレスによって生じる活性酸素の抑制)
  • 免疫力向上(白血球、インターフェロンの働きの向上) など

1回でも効果を感じられますが、美容面で持続的な効果を期待する場合には、月に1~4回程度、定期的に治療を行うことをお勧めします。
点滴に要する時間は5分程度で、点滴の針を刺すときに多少痛みを感じる場合もありますが副作用はほとんどありません。
ただし、まれに血管痛、のどの渇き、めまい・冷や汗・倦怠感等の低血糖症状などが出る場合があります。

ビタミン点滴前にG6PD採血を受けましょう

G6PD欠損症とは赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により、溶血(赤血球が破壊される)が起こる病気で、数千人に1人と稀な先天性遺伝性疾患です。
しかし、遺伝性G6PD欠損症の患者さんに大量のビタミンCの点滴をすると、重度の溶血性貧血を起こすことがあります。
このような合併症を防ぐため、高濃度ビタミンC点滴を受ける前は、一度必ずG6PDの検査を受けていただき、安全に治療が受けられるかを判断いたします。

  • G6PD採血:5,500円(税込)

※当面、G6PD採血については料金を変更してご提供させていただきます。

プラセンタ注射

プラセンタは人の胎盤から抽出されたもので、細胞の新陳代謝を促すなどの成長因子が含まれています。
さらに胎児への栄養補給のため、アミノ酸、ビタミン、コラーゲン、ヒアルロン酸、酵素などが含まれています。
このプラセンタのエキスを注射することによって、様々な効果が期待できます。

プラセンタ注射で期待できる効果は、皮膚や全身の細胞を活性化することによる疲労回復をはじめ、肌のシミ、シワの改善やハリやツヤの回復などが望めます。
また女性特有の更年期障害の諸症状(のぼせ、冷え、疲労感、倦怠感、不眠、イライラなど)にも効果があるとしています。

プラセンタ注射では副作用はほとんどありませんが、まれに発熱、悪寒、悪心、疼痛、発赤等の症状が出現することがあります。
多くの場合1~2日で治まります。
不安がある場合は、医師にご相談ください。
またプラセンタはヒトの胎盤を使用しているため、ウイルスや細菌などの感染のリスクはゼロではありませんが、安全対策がしっかりととられた薬剤を使用しています。
ただしプラセンタ注射後は、基本的に献血や臓器移植は控えなければなりません。

保険適用となるプラセンタ療法(メルスモン皮下注射)

病気の治療として更年期障害の場合、現行で年齢45歳~59歳の女性の方については保険適用になりますので、費用は普通の治療と同じように保険の範囲内で行います。
プラセンタが保険適用となる病名は限られていますので、厚生労働省が認可した病名の方以外は保険でプラセンタ療法を受けることができません。
保険適用は、①45~59歳までの更年期障害の方は週2回(1アンプル/回)、②産後乳汁分泌不全の方は週1回(1アンプル/回)となります。

自由診療料金表

脱毛、ジェネシスメニューは、オープニングを記念して12月まで20%オフ価格とさせていただきます。
※料金は全て税込価格です
自費診療初診料
3,300円
自費診療再診料
1,100円
自費カウンセリング料
1,650円
脱毛
両わき
8,800円
大腿(ひざ上)
30,800円
7,700円
下腿(ひざ下)
30,800円
膝+下腿
35,200円
足背
7,700円
上腕
18,700円
前腕
17,600円
両手の甲・指
7,700円
前腕+手の甲
20,900円
7,700円
ほほ
7,700円
口周り、あご
9,900円
あご下
11,000円
ほほ+口周り+あご下
23,100円
18,700円
18,700円
胸+腹
33,000円
うなじ
7,700円
背中
35,200円
13,200円
麻酔クリーム
1,100円
毛ぞり
2,200円
ジェネシス
1回 6,000ショット
18,700円
1回 4,000ショット
14,300円
ベビーピール
1回
16,500円
高濃度ビタミンC点滴(25g)
1回
13,200円
3回セット
29,700円
G6PD採血(ビタミン点滴前の検査として)
 
5,500円
プラセンタ
1アンプル
1,200円
2アンプル
2,400円